BLOG ブログBLOG ブログ

Home> ブログ> 美容室の内装をオシャレにするポ…

- お役立ちコラム

美容室の内装をオシャレにするポイントを解説!内装例・インテリアの選び方も紹介

i.Osaka様|実績紹介|大阪拠点、美容室に特化した店舗・内装デザイン会社はコルモデザイン|colmogroup (colmodesign.com)

 

「美容室の内装はどうしたらオシャレになるの?」と悩む美容師の方も少なくありません。

美容室にとって、オシャレな内装はお客様満足度につながる重要なポイントです。

そこで本記事では、美容室の内装をオシャレにするポイントについて解説します。

内装例・インテリアの選び方についても解説するため、ぜひ参考にしてください。

 

私たちは美容室改装のサービス「リサロ」をご提供しております。まずは、相談会なども実施しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。美容室改装のサービス「リサロ」の詳細はこちら

 

Contents
  1. 美容室の内装をオシャレにするためのポイント
    1. 自身のもつイメージアイディアを集める
    2. お客様が非日常を感じる内装とは?
    3. 空間の統一(色使い・素材・質感など)があるデザイン
    4. 美容室特有の機能性・動線を考える
    5. お客様目線のオシャレであることを大切に
    6. トレンド・SNS映えを楽しめるデザインとは?
  2. 美容室の内装テーマ
    1. シンプル+αな美容室内装
    2. ナチュラル系の美容室内装
    3. コンクリート調のインダストリアルな美容室内装
    4. 高級感あるラグジュアリーな美容室内装
    5. アンティーク調の美容室内装
    6. グリーンを取り入れた落ち着きのある美容室内装
  3. オシャレな内装の美容室に重要なインテリア
    1. セット椅子
    2. シャンプー台
    3. レセプション、待合椅子
    4. 照明
    5. キャビネット、店販棚
    6. 観葉植物
    7. インテリア雑貨
    8. サイン(屋外看板・店内)
  4. オシャレな内装にするための工事
    1. 物件の種類で異なる内装工事
    2. 費用相場は広さやテナントの設備状態で変わる
    3. オシャレなだけではなく、機能性を兼ね備える
    4. 設計と施工が一貫してお任せできる会社選び
  5. 美容室の内装工事におけるポイント
    1. 美容室を専門にしている内装会社へ依頼
    2. 複数の内装会社へ相見積する
    3. 余裕をもった工事スケジュールの計画
    4. 自分の内装イメージをしっかり伝える
    5. 機器類の設置スペースの設計を忘れずに
    6. オープン以降、美容室を改装するタイミングとは
  6. 美容室内装をオシャレにするポイントまとめ

美容室の内装をオシャレにするためのポイント

 

美容室の内装をオシャレにするための重要なポイントについて、解説します。開業・店舗展開・改装など、内装を考える際にぜひ参考にしてください

 

自身のもつイメージアイディアを集める

どのようなイメージの内装にしたいか、アイディアを考えましょう。

 

近所の美容室を参考にしたり、InstagramPinterestなどのSNSをチェックしたりするとアイディア集めも効率的です。オシャレだと感じたポイントをメモすることで自身のイメージを明確にできます。

美容室 内装 インスタグラム

colmodesign_i_Instagram

美容室 内装 ピンタレスト

colmodesign plus i pinterest

 

お客様が非日常を感じる内装とは?

オシャレさを感じるためには、日常では感じられない要素が必要です。

非日常を感じてワクワクできるような内装にすると、お客様は「素敵な自分に変えてくれそう」と感じます。

 

高級感溢れる内装・ホテルのような内装など、非日常を感じる内装にもバリエーションがあるため、美容室のブランディングに沿って考えましょう。

 

空間の統一(色使い・素材・質感など)があるデザイン

内装デザインは1つ1つの物で考えず、空間全体をデザインします。

たとえば、細かい雑貨までこだわって配置した際に、インテリア・セット面・天井・床などの個性がそれぞれ大きく異なるとちぐはぐな印象を与えてしまうでしょう。

 

そのためにもサロンコンセプトを明確にし、色使い・素材・質感など全体に統一感のある内装デザインにすることが大切です。

 

Leclat様|実績紹介|大阪拠点、美容室に特化した店舗・内装デザイン会社はコルモデザイン|colmogroup (colmodesign.com)

美容室特有の機能性・動線を考える

美容室では髪を洗う・切った髪を掃く・カラー剤や薬剤の使用など、特有の機能があります。

オシャレなだけでなく、どの動作も問題なく行える機能性・動線が重要です。

セットとシャンプー台の距離を近くしたり、カットスペースは掃除しやすい平らな床にしたり仕事がしやすくなる工夫しましょう。

 

お客様目線のオシャレであることを大切に

美容室はお客様を美しくする目的があるため、お客様をきれいに見せる内装であることが重要です。

内装がオシャレでも、お客様の美しさを隠してしまうほど強い主張は好ましくありません。

また美容室により来店するお客様は異なるため、自分の好みよりもターゲット層が好むデザインを取り入れるとよりオシャレな印象を与えます。

 

i.Tokyo様|実績紹介|大阪拠点、美容室に特化した店舗・内装デザイン会社はコルモデザイン|colmogroup (colmodesign.com)

トレンド・SNS映えを楽しめるデザインとは?

統一感のある非日常空間を演出しても、他の美容室と差別化できなければあまり記憶には残りません。

そのため他と差別化するためにも、トレンド・SNS映えを意識したデザインがおすすめです。

インスタグラムで注目されているインテリア・施術後の仕上がりを撮影できるスペースなど、写真に残したくなるデザインにするとオシャレな美容室として記憶されます。

 

calna by ELMO様|実績紹介|大阪拠点、美容室に特化した店舗・内装デザイン会社はコルモデザイン|colmogroup (colmodesign.com)

 

美容室の内装テーマ

 

美容室のオシャレな内装について、テーマごとに事例を紹介します。あなたのコンセプトに合う事例をぜひ見つけてください。

 

シンプル+αな美容室内装

シンプルな内装は、白で統一したデザイン・モノクロデザインで空間を統一することが多いです。

ただ白一色にするわけではなく、セット椅子だけ色を変えるなどアクセントを入れるとオシャレな印象を与えることができます。

 

平坦な印象にならないように、シンプルな内装だからこそ照明・インテリアなどこだわりを見せると空間に映えます。

 

Vision様|実績紹介|大阪拠点、美容室に特化した店舗・内装デザイン会社はコルモデザイン|colmogroup (colmodesign.com)

 

ナチュラル系の美容室内装

ナチュラル系のデザインは、木の暖かみを主張するウッド調を基本とした内装です。

同じナチュラル系でも、木の種類・色みによって大きく与える印象が異なります。

たとえば木の彩度を明るめにしたりドライフラワーなどを取り入れたりすると、ターゲットは20〜40代女性です。

 

グレイッシュな木目は洗練された大人っぽい印象になります。観葉植物などグリーンを沢山取り入れるとナチュラルで親しみやすい空間になります。

Neut.様|実績紹介|大阪拠点、美容室に特化した店舗・内装デザイン会社はコルモデザイン|colmogroup (colmodesign.com)

 

コンクリート調のインダストリアルな美容室内装

コンクリート調のインダストリアルなデザインは、本物のコンクリートを使用することはもちろん、あえて石膏ボードなどでコンクリート風な素材を使用することもあります。

 

レトロでクールな空間になるため、洗練された印象の内装デザインです。コンクリートの打ちっぱなしだけではクールな印象ですが、木材などと組み合わせると親しみのある空間になります。

ATELIER RE様|実績紹介|大阪拠点、美容室に特化した店舗・内装デザイン会社はコルモデザイン|colmogroup (colmodesign.com)

高級感あるラグジュアリーな美容室内装

高級感のある内装にすることで、非日常を感じるラグジュアリーな空間を演出できます。

 

高級感を表現するなら、素材や照明にこだわったり、扉などを既製品ではなく特注で作ることもおすすめです

 

たとえば、間接照明で光を演出したり、黒やブラウンなどシックな色で統一することで非日常を感じる空間になります。

Selfish様|実績紹介|大阪拠点、美容室に特化した店舗・内装デザイン会社はコルモデザイン|colmogroup (colmodesign.com)

アンティーク調の美容室内装

まるで中世のようなアンティーク調は、おしゃれな内装の代表です。アンティーク調の中でも、高級感・かわいい・かっこいい・ナチュラルなどのジャンルに分かれます。

 

たとえば高級感のあるデザインであれば中世の貴族をイメージした内装となり、ナチュラルなアンティーク調であればドールハウスのような内装をイメージすることが多いのではないでしょうか

copine plus様|実績紹介|大阪拠点、美容室に特化した店舗・内装デザイン会社はコルモデザイン|colmogroup (colmodesign.com)

グリーンを取り入れた落ち着きのある美容室内装

グリーンを取り入れたデザインは、ナチュラルに近く落ち着きのある印象を与えます。

観葉植物を置いたり、アクセントクロスとして緑の壁紙を使うと、ナチュラル系より洗練された印象です。

 

植物を多く取り入れることで親しみやすく落ち着きのある空間になり、グリーンの壁紙をアクセントに取り入れることで柔らかい空間の印象になります。

 

本物の植物を使うと水やりが必要なため、植物に触れ合ったことが少ない方はドライフラワーの使用もおすすめです。

U-tract様|実績紹介|大阪拠点、美容室に特化した店舗・内装デザイン会社はコルモデザイン|colmogroup (colmodesign.com)

 

オシャレな内装の美容室に重要なインテリア

 

オシャレな内装の美容室にするためには、インテリアにもこだわりが重要です。オシャレの演出に重要なインテリアを解説します。

 

セット椅子

セット椅子はお客様が長く座るため、オシャレさと座り心地にこだわりが必要です。

座り心地において、足置きや肘置きがあるか、長く座っても疲れないかなどを重視します。

またセット椅子は複数置き、大きさも小さくないため空間デザインに関わるアイテムです。

コンセプトに合った質感・カラーのセット椅子を、選びましょう。

kuum by emt様|実績紹介|大阪拠点、美容室に特化した店舗・内装デザイン会社はコルモデザイン|colmogroup (colmodesign.com)

シャンプー台

シャンプー中はお客様がリラックスする時間のため、少し暗くした照明の中でフィットするデザインを選びましょう。

また、施術メニューにマッチした機能のシャンプー台を選ぶと、見た目のデザインだけでなくお客様の満足度も高まります。

 

複数台置く場合、ゆとりのある配置にしたりお客様やメニュー内容に合わせて変えられるようシャンプー台の種類を変えることもあります。

MASHU Grand vase様|実績紹介|大阪拠点、美容室に特化した店舗・内装デザイン会社はコルモデザイン|colmogroup (colmodesign.com)

レセプション、待合椅子

レセプションや待合椅子は、お客様が入店して最初に見る光景です。そのため「お店の顔」として、内装コンセプトを反映したデザインにする必要があります。ただしレジ・物販の陳列などの業務を行う場所でもあるため、機能性も損なわないようにしましょう。

 

外から見えるレセプションの配置や空間も、お客様への印象を左右するため店外から見る光景も大切です。また混雑している日の場合、お客様をお待たせする場所にもなるため居心地のよさも大切です。

Cn..by slow flow様|実績紹介|大阪拠点、美容室に特化した店舗・内装デザイン会社はコルモデザイン|colmogroup (colmodesign.com)

照明

照明は空間の雰囲気を作るため、内装において重要です。コンセプトに沿った、統一感のある照明を選びましょう。

 

ただし照明は、カラー後の髪色を美容師とお客様が確認するとても大切なインテリアです。

特に、セット面の上の照明は白色をおすすめいたします。お客様の要望と髪色の仕上がりに相違が起きないよう、照明の色にこだわることが大切です。

 

FASTENER様|実績紹介|大阪拠点、美容室に特化した店舗・内装デザイン会社はコルモデザイン|colmogroup (colmodesign.com)

キャビネット、店販棚

キャビネット、店販棚はしっかり収納でき、お客様からの見栄えもいいデザインにしましょう。

コンセプトに合ったキャビネットを選び収納するのもいいですが、あえて見せる収納にしてもオシャレです。

また店販棚は内装に合ったデザインなだけでなく、購買意欲をそそるような商品の置き方をする必要があります。

商品デザインと喧嘩せず、美容室全体の空間にも溶け込むような棚を選びましょう。

un le pont様|実績紹介|大阪拠点、美容室に特化した店舗・内装デザイン会社はコルモデザイン|colmogroup (colmodesign.com)

観葉植物

観葉植物は必須アイテムではありませんが、1つ置くだけでもアクセントになるためおすすめです。

特にシンプル系・ナチュラル系の内装の場合、空間に溶け込んだアクセントにもなります。葉っぱが大きなものなら存在感があるため、アクセントとして使いやすいです。

観葉植物の緑色は、お客様に安心感・癒しも与えるため居心地の良さにつながるでしょう。

 

インテリア雑貨

インテリア雑貨はコンセプトの強調や、季節感を出すのにおすすめです。

たとえば観葉植物・ラタンボール・オブジェなど目を楽しませてくれるものや、お客様のアクセサリーやマスクを置くトレイなど機能性のあるものまで、さまざまな種類があります。

また大きなインテリアは広い店舗でなければ邪魔になってしまうため、インテリア雑貨を選ぶ際は動線の邪魔にならないようにしましょう。

 

サイン(屋外看板・店内)

お客様に店舗を見つけてもらいやすくするためにも、屋外看板(サイン)はとても重要です。

サインのデザインから美容室の雰囲気が伝わるため、内装と統一感のあるデザインにしましょう。

 

サインには立て看板・壁面看板などさまざまな種類があるため、コンセプトに合ったものを選んでください。また店舗内の壁にもサインを設置するとSNS映えするため、個室の扉やお手洗いにサインマークをデザインすると細部までオシャレな印象を与えます。

 

おしゃれな備品選びと合わせて考える必要があるのは美容室のレイアウトです。詳しく知りたい方は「美容室のレイアウトの流れを紹介!考えるべきポイント・業者選びについても解説」をご覧ください。

 

オシャレな内装にするための工事

 

オシャレな内装にするためには、デザインだけではなく、カタチにするための工事が必要です。ここでは、内装工事の種類・相場などについて、解説します。

 

物件の種類で異なる内装工事

美容室として借りる物件には以下2種類があり、それぞれ工事内容が異なります。

物件の種類特徴必要な工事
居抜き物件前テナントの設備などが残っている図面作成・内装デザイン・塗装工事・左官工事・クロス貼り工事・仕切り工事・雑補修工事・サイン工事
スケルトン物件コンクリート打ちっぱなしの状態で床・壁・天井などが無い図面作成・内装デザイン・ボード工事・床上げ工事・下地補強工事・塗装工事・盛ん工事・クロス貼り工事・空調工事・電気工事・ガス工事・水道工事・設備設置工事など

 

費用相場は広さやテナントの設備状態で変わる

一般的に美容室の坪単価は、スケルトン物件で約30〜60万円程度です。坪単価の費用は、店舗の広さやテナント設備の状態によって変わります。店舗が広くても基本的な工事内容は変わらないため、場合によっては割安になることもありますが、テナント状態によって異なります。

 

 

オシャレなだけではなく、機能性を兼ね備える

内装工事の前に、美容室として営業するためのデザイン設計が必要です。

 

デザインはオシャレさが大事ですが、オシャレなだけでは動線が悪くなるなど機能性や生産性が低くなるリスクがあります。美容師の働きやすさ・お客様の居心地のよさなど、機能性とオシャレを兼ね備えたデザイン設計が重要です。

rroom 201様|実績紹介|大阪拠点、美容室に特化した店舗・内装デザイン会社はコルモデザイン|colmogroup (colmodesign.com)

設計と施工が一貫してお任せできる会社選び

設計・施工を一貫してお任せできる内装会社を選ぶと、工期が短縮しやすいためおすすめです。設計・施工をそれぞれ異なる業者に依頼すると、デザイン発注後に改めて施工を依頼するプロセスが必要なため工期が長くなります。

 

また、設計会社でお話していた内容が施工会社へ伝わっていないなどあらゆることが想定されます。

 

できるだけ費用をかけずに店舗を作り上げるためのコツや相場、また手元に置いておきたい資金の考え方について知りたい方は「美容室の内装工事にかかる費用相場を調査!開業・改装などで異なる費用を解説」をご覧ください。

 

美容室の内装工事におけるポイント

 

美容室の内装工事において、内装会社の選び方など重要なポイントについて解説します。

 

美容室を専門にしている内装会社へ依頼

内装会社によって得意分野が異なるため、美容室を専門とした内装会社への依頼がおすすめです。

美容室の内装工事の実績がない会社を選ぶと、オシャレさと機能性のどちらかを損なう可能性があります。美容室専門の内装会社へ依頼することで、オシャレなだけでなく美容室特有の機能美とデザイン性を兼ね備えた内装を叶えてくれるでしょう。

 

複数の内装会社へ相見積する

内装工事の際は、予算・納期など同じ条件で複数の内装会社へ相見積をしましょう。

見積内容は内装会社によって大きく変わるため、相見積をすることで費用相場が分かります。

また内装会社に見積をすることで、担当者とのコミュニケーションの取りやすさ・内装会社の強みや得意分野の把握も可能です。

 

余裕をもった工事スケジュールの計画

工期スケジュールが短いと工事費が高くなるケースがあるため、工事スケジュールの計画は余裕をもって作成しましょう。

余裕のないスケジュールでは焦りが出てしまい完成度が低くなったり、トラブルが起きたときにオープンに影響が出たりします。

工事期間にゆとりをもち、なるべく余裕のあるスケジュールを計画することが望ましいです。

 

自分の内装イメージをしっかり伝える

内装会社には、自分の内装イメージをしっかり伝えましょう。

具体的なコンセプト・譲れないポイントなど、しっかり伝えることで理想の内装デザインに近づきます。

内装イメージがしっかり伝われば、予算に合わせて材質を変えたりおすすめの内装を考えてくれたり柔軟に対応可能です。

 

機器類の設置スペースの設計を忘れずに

美容室ではローラーボールやワゴン、ボイラーなど、美容室ならではの機器類があります。

棚に収納できないような大きい機器類は、専用のスペースに置かなければなりません。

オシャレさ・機能性を重視しすぎて、機器類の配置スペースの設計を忘れないように注意しましょう。

 

オープン以降、美容室を改装するタイミングとは

無事オープンできてから、年数が経つほど内装も傷んできてしまいます。

「傷んだら改装しよう」と思っていても、具体的な時期が分からない方も多いでしょう。

一般的には空調・壁紙・流行などの観点か5~7年後に改装するケースが多いです。

elm by emt様|実績紹介|大阪拠点、美容室に特化した店舗・内装デザイン会社はコルモデザイン|colmogroup (colmodesign.com)

 

美容室の内装工事をするにあたり、一連の流れや必要な情報をまとめて知りたい方は
美容室の内装を選ぶポイントを解説!アイテム選び・相場なども紹介」をご覧ください。

 

美容室内装をオシャレにするポイントまとめ

 

今回の記事では、美容室の内装をオシャレにするポイント・内装工事について解説しました。

美容室の内装は、非日常を感じる統一感のあるデザインを心がけることでオシャレな印象を与えます。美容室の内装工事は物件の種類・テナントの広さや設備によって異なり、美容室特有の機器類や動線があるため、美容室を専門とした内装会社へ依頼することがおすすめです。

美容室の内装をオシャレにしたいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

私たちは美容室改装のサービス「リサロ」をご提供しております。まずは、相談会なども実施しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

美容室改装のサービス「リサロ」の詳細はこちら

 

 

mysta™ salon サロンプロデュース
BEAUTY SALON 美容室entグループ
FURNITURE アウトレット家具販売
PAGE TOP